×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


紅葉光ヶ原高原     2010年11月7日


夏にライダーデビューした従兄弟の少年A。まだまだ若葉マークのライダーでございます。
少年Aは現在19歳の看護学生。我が一族の若頭です。
今となっては貴重なバイク仲間!ツーリングのイロハを教えるべく、上越の「光ヶ原高原」に行ってきました。

午前10時ごろ、少年Aが我が家に来ました。防寒グローブを購入しており、装備はOK。
ツーリングネットを購入したらしいので、ここで荷物の積み方をレクチャー。
荷物の積み方は重要!変な積み方や 適当なパッキングは事故の元です。

荷物の積み方は、路面からの衝撃を上手く分散する積み方、早いスピードでも耐えれる耐久性、積上げたときの造形の美しさ、
機能性、応用力学、流体力学、自然の摂理に従いながらも、その中で自分自身の個性、独自性を主張することも大切です。
積載というのは答えのないものでありながら、しっかりとした理論も必要なので、極めて奥の深いのです。
理論、合理性、哲学、芸術性、独自性、世の中の全ての概念を必要としつつ、それを打ち砕くほどの発想も必要。
つまり積載を極めし者は、ニーチェであり、コペルニクスであり、アインシュタインであると言う事です!!(もはや意味不明)

そんなこんなで出発。少年AのバイクはスズキのイントルーダーLC。
8月に購入したんだけど、よほどバイクが楽しいようで、走行距離もバンバン稼いでおりました。
何気に富山までツーリングに行っていたりと、早くもツアラーとしての片鱗をみせてます◎

光ヶ原高原までは我が家から3時間もあれば十分行けます。
途中で少年Aのアパート(一人暮らし中)に経由してから向かいました。
僕にとっては久しぶりの下道オンリーツーリング。秋空の下、のんびりと進みます。

あっという間に時間は正午。吉川のコンビニで昼食。地べたに座ってのコンビニメシなんて久しぶりだわ。
まぁ主役の少年Aはまだ学生!学生は美味いもの食っちゃダメ!コンビニメシで十分!
食にこだわるのは社会人になってからにしなさい!(笑)

道の駅よしかわ  メシ

メシを食ったら光ヶ原高原へ直進。柿崎からの県道30号は本当に何にもない道です(´∀`;)
黙々と進みまして、板倉町(現・上越市)の光ヶ原高原の入り口に到着。
広い道が出来て 昔より走りやすくなってるものの、クネクネの峠道は初めての少年A。僕がお手本のような軽やかな走りで先導します(笑)

う〜ん♪チョット寒いけど 晴天の秋空と紅葉とススキが気持ちいい!
ほいで午後12時半過ぎに、光ヶ原高原に到着!久しぶりの光ヶ原高原、やっぱ絶景だわ〜◎

絶景  駐車場

しかし相変わらず閑散としております。
昔は牧場があって、ポニーがいて、絶品のソフトクリームがあって、山男が変なタイコ叩いたりして活気があったのに・・・
そんな牧場やビジターセンターも数年前に閉鎖され、無人となってしまいました。
この日は家族連れがチラホラいるくらいで、ほとんど貸し切り状態。まぁこの穴場感が良いんだけど!

光ヶ原高原  ビジターセンター

ちなみに建物は閉鎖されているので、自販機もないし、トイレすらありませんので要注意。

光ヶ原高原を出発したあとは、県境の関田峠(標高1100m)へ。
光ヶ原高原から関田峠までの道は、なかなか狭くて急勾配です。少年A、ガチガチになりながら懸命に走ります=3

関田峠

関田峠で軽くブレイク。ほいで峠を越えて、長野側を下って行きます。
途中の展望台で下界をチラリ。下界のモヤっと感がイイ感じに秋を演出しております◎

長野側眺望  魔神と

あとはグングン下るのみ。下っていく途中、紅葉MAXで超きれいでした!
峠を下り終わったあとは、千曲川沿いの田舎道を走って、R292に合流して新潟県に戻ります。長野は全く停まることなく走り去りました=3

新井にさしかかった所で、少年Aの鼻水が垂れていたので休憩。肉まんと温かいカフェオレでブレイクです。
その後、再び県道30号を突っ走ります=3 途中にある「大池・小池」に立ち寄りながら進みました。

大池いこいの森

秋真っ盛りですな〜。もうチョットすると長い冬がやってきますわ・・・
R8に合流して来た道を戻ります。
時間も午後4時ごろ、太陽が傾き始めました。R8号沿いにある 毎度お馴染みの「聖ヶ鼻」へ。

聖ヶ鼻より  少年A

海を眺めながら、斜陽で体温を温めました。
寒暖差はあるけど、陽が昇っていれば 十分走れますわ!
今年もあともう1回くらいツーリングに・・・・・っと思ってましたが、結局これが2010年最後のツーリングとなりました。

ほいであとは帰るのみ。一人暮らしをしている少年Aとは柏崎でセパレートですノシ
柏崎から再び海沿いを走ります。今日一日燦々と照らしてくれました お天道様を見送り お家に帰ります。
陽が沈むと一気に寒くなるから、凍える前に早く帰らないと!

夕陽

午後5時半ごろに帰宅。最後はすこぶる寒かったっす=3

少年Aよ、道は走ってナンボ!旅は経験してナンボ!学業がすごく大変みたいだけど、時間があったらビシバシ旅しなさい!!
旅の経験は社会に出てから役立つこと間違いなし!!ツアラー看護師目指してがんばれ〜ノシ


もどる  HOME