×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


鳥海山へヨーソロー!   2010年8月28日


ガッツリ猛暑厳しい今日この頃。久しぶりに友人 仁義なきアルピニスト氏と旅に出ます!
仁義氏は小学校の教諭を目指してまして、小学校の教員採用試験のため、そして立派なティーチャーになるため日々勉学に励んでおります。
そんなこんなで教員採用試験の1次試験を無事に通過し、2次試験も終わりました。
そして9月から臨時採用で隣市の小学校に勤務します。
臨時でも立派な先生です。忙しくなる前に旅して英気を養ってもらいましょう(^^)
英気と涼を求め、秋田の鳥海山まで行って秋田名物の『ババヘラアイス』を食べに行きます!


何気に張りきって朝7時に出発。
年初めの大内宿ドライブ以来の再会なので、近況を報告。互いにもろもろ苦労ありつつも、達者に過ごせたのは何よりであります◎
まずは高速にて県北の神林岩船港ICまでバニューン=3
新潟中央IC〜神林岩船港ICまでは無料区間です。交通量はボチボチありました。

8時半くらいに高速下ります。若干お腹がOPPっぽいのでコンビニにてOUTPUT。
結構混んでるコンビニだったのに、トイレが空いていたのは奇跡!
腹を落ち着かせ、あとはひたすら国道7号を北上です。
実はR7の葡萄峠あたりで今年5月にバラバラ殺人がありました;現場はR7沿いのパーキングです。
犯人は逮捕されましたが やっぱ怖いっすわ;もう夜通れないね〜

鼠ヶ関を越え、山形入り。青い海を眺めながらおけさおばこライン(R7)を北上です。
道の駅あつみにて休憩をとります。

おけさおばこライン

ひたすら北上し、鶴岡市内をぬけ、酒田市も通過。
車内はナイスミュージックと諸々名言戯言あれやこれやで話がつきません◎
そして仁義氏も「長渕剛」好きです。長渕剛流しまくりじゃ!!
時間は午前11時。朝が早かったので腹が減りました。ちょっと早いですが昼食を食べます。
R7沿いのラーメン屋にてランチ。何気に山形県酒田市は知る人ぞ知るラーメン処らしいです。市内にラーメン店が沢山あるそうな。

腹を満たし、食後のデザートにいよいよババヘラアイスといきましょうか!
鳥海山の雄大な裾野が広がり始めました。そして秋田との県境が近づくにつれ、パラソルの下でアイスを売るおばさんがちらほら現れ始めました。
しかしまだ山形県だし秋田名物は秋田県に入ってから食べようじゃないかい!
なので前にババヘラアイスを食べた県境近くの「三崎」のパーキングを目指しました。

それにしても僅かな間でもババがいたりします。ババ同士が100mくらいしか離れてないのことろもあったし!
一体、秋田県内には何人のババ様が派遣されているのでしょうか?
それにババも様々で、おしとやかに座るババや、足組んでドーンと座るババや、かなり年を召したTHE BABAとか様々でした。
ってかババババババババ言いまくってスイマセンm(_ _)m

ってなわけで三崎に到着。しっかりババヘラアイスのパラソルが立ってましたよ♪
まずはアイスを食べる前に、うっそうと茂る遊歩道を歩き、三崎を散策しましょう。

遊歩道  日本海

海がきれいでございます◎ それに空に羽衣のような雲がかかってますね。
なかなかの炎天下で、しっかり汗をかきました。駐車場に戻り、いよいよババヘラアイス(200円)を頂きます!

ババヘラアイス  パラソル

懐かしいー!この花びらっぽい盛り方が懐かしー!!
う〜む美味い!味はピンクがストロベリーで黄色がバナナ。なんとも素朴な味で好きです。
ババヘラアイスのおばさんと談笑しながら食べました。でもおばさんに向かってババヘラアイスとか言えませんでした(笑
おばさんの秋田なまりがとってもチャーミングでした(^^)
程よく涼しくなったので、これからさらなる涼を求めて鳥海山へ!象潟より『鳥海山ブルーライン』を上がります。

久しぶりの鳥海山ブルーライン。ここは東北屈指の絶景ロード。マーチが唸りをあげて上って行きます。
若干、空気が霞がかっていて遠くの眺望はイマイチ。でも上がっていくにつれ どんどんと涼しくなってきます◎
しかし途中にあるお気に入りの絶景スポットを通過してしまいました;そして雲の中に突入。

「鉾立展望台」に到着しました。すると駐車場の高台にあった稲倉山荘がなくなってました!
そして新しい稲倉山荘に建て替えられてました。たしかに前に来た時、ボロボロで展望テラス立ち入り禁止だったな〜

鉾立駐車場  ビデオ

新しい稲倉山荘は後で行くとして、その前にビジターセンターの資料館的なところを見学。何気に鳥海山は活火山なのね〜!
諸々鳥海山について学習していると、気になるビデオ発見。
その名も「96.ブルーライン除雪」・・・なかなか面白そうなビデオです(笑) 「芭蕉ツアー出立式」も気になりますが。

それはさておき、外に出て鉾立展望台より鳥海山の断崖を望みます。

雲  山肌

雲がかかっていましたが、山の雲は動きが早いので、雲が流れて山肌が見えたり また隠れたり。。。
雄大な鳥海山、仁義氏のアルピニスト魂に火が付いたんじゃなかろうかね(^^)

新しい稲倉山荘へ。そこでお土産を購入。
私は鳥海山ステッカーと鳥海山とは全く関係のない、どこにでも売っているであろう「よっちゃんイカ」の大袋を購入(母の好物故に)
あと鳥海山氷河水というミネラルウォーターを買いました。正直、水の味はよくわかりませんが美味しかったです。

鳥海山氷河水

ほいで鳥海山ブルーラインを下ります。下るに連れて再び暑さが戻ってきます。
そして下ったらひたすら来た道を戻ります。
陽も傾き始めました。おけさおばこラインからみる斜陽は格別です◎
帰りは笹川流れを流しました。

斜陽

ほいで仁義氏のリクエストで新潟市内の本屋さんへ。まもなく先生として小学校の教壇に立つ仁義氏、参考書などを買い求めてました。
そして私は「にっぽん全国 たのしい船旅」というお気楽な本を買いました(´∀`;)

そんな仁義氏ですが、帰りに何気なく流れた長渕剛の『Captain of the Ship』を聴き 奮い立ってました!
めっちゃ長い曲で、正直今まであまり聴いてなかった曲ですが、改めて聴いてみるとイイ!!熱過ぎます!!
これを聴いた瞬間に、僕と仁義氏の純情が激烈な情熱に変りました…!!
仁義氏「試験の前にこれ聴けば良かったな」っと(笑)



「ヨーソロー(ようそろ)」とは船の操舵号令でして『直進』の意味です。
まさに新たな道を進んでいく仁義氏のためにあるような言葉。かなり心にガツンときたようです。
道中、教職への熱い思いと、今まで支えてくれた家族、友人への感謝の思いを熱く語ってくれました。

〆に仁義氏から晩飯をご馳走していただきまして帰宅ですm(_ _)m ごちそうさまでした!

9月からの船出に向け、英気を養えたでしょうか?
絶対大変な仕事だと思うけど、ホント頑張ってほしいわ!!
ってかこの旅レポを書いている10月中旬現在、仁義氏めちゃくちゃ頑張ってます。
先日も子ども達に地場の工場について教えるために、仕事の帰りにウチの会社に個人的に社会科見学に来ました。
勉強熱心だし、しっかり子どものこと考えてるわ(^^)
僕も仕事をがんば・・・・・・り過ぎて頭おかしくなりそうなので、仕事ではなく旅人活動頑張ろう!!(笑)

お互いに白い帆を高く上げ 立ちはだかる波のうねりに突き進んでいこー!
意味ある人生(みち)を求めて ヨーソロー!!!


もどる  HOME